人材 Staff Interview

機電情一体化の接着剤的な役割、重要なセクションであると認識している

入社動機

大学時代は超伝導体の原理を解明する研究を行っていました。その実験装置を制作するため、旋盤で高精度な加工を経験していました。オークマの機械があり、その技術力を感じていたので、工作機械はもちろん当社にも興味を持っていました。制御装置も含め、一連の機器、装置を一貫して自社開発することに強いこだわりを持っているところに魅力を感じました。

現在の仕事

工作機械を使用するお客様が「こんな加工をしたい」と考えたときに、CNC制御装置に対話形式で設定が進めていける「加工プログラムを自動的に作成するアプリ(らくらく対話アドバンス)」の開発を行っています。担当する機械は多種多様、大型の門形マシニングセンタから立・横形までマシニングセンタ全般です。
機種によっては主軸の方向など、構造が異なりますので、加工プログラムもそれによって組み方を変えなければなりません。お客様のご要望をお聞きし、それを自分で仕様を決めて、アプリを完成させます。
お客様がどういった過程で、どのように使用されるかをしっかり把握しなければなりませんから、打合せもとても重要となりますし、お客様の業務をよく知ることが大切です。

仕事のおもしろさ・醍醐味

お客様のもとに直接伺い、アプリの調整をしたり、ご要望にお応えしたりすることも多くあります。その際に、自分が開発したアプリをお客様が手際よく使われているところやお客様の仕事の役に立っているところを目の当たりにするとこの上ない喜びを感じます。また、今まで人の手で作業していた仕事を自動化するための方法を考えたり、より高速・高精度な加工を実現するための新機能を他部署と連携しながら検討したり、新しいものを考え出していくことも大きなやり甲斐となっています。スムーズに進めるためにも機械全体をより深く理解できるスキルをもっとつけていきたいですね。

当社の強み

オークマは機械だけでなく、制御装置、モータ、センサなど幅広く自社開発を行っています。また工作機械の加工技術を熟知したプロもいるなど、各分野に精通したスペシャリストが多く存在していることが心強いです。仕事を進めていくなかで、疑問があったときにはそういった方々に聞くことができる環境は素晴らしいものがあります。

OFFの過ごし方

以前は会社のメンバーとのフットサルや読書が趣味でしたが、子どもも二人になり、休日はもっぱら父親業を営んでいます。公園や遊園地、動物園など家族揃っての行動が多くなりました。オムツを替えたりするなどイクメンとしても活躍していますよ。

前の先輩へ 人材トップへ 次の先輩へ

※各社員の紹介内容はインタビュー当時のものです。