人材 Staff Interview

ノーミスで効率性の高い完璧なプログラミングを目指している

入社動機

小さいときからものづくりに関心があり、工作機械に対する思い入れもありました。大学時代、旋盤やマシニングセンタを扱ったことで、その構造や機能に興味がわき、100年の歴史がある老舗の工作機械メーカー、オークマを選びました。

現在の仕事

私の部署は社内生産設備における部品の加工プラン立案、加工に必要な治具や工具の設計・手配、NCプログラム作成などを行うセクション。当社は生産設備の8割が自社製、つまり自社で商品となる工作機械の部品をつくりあげますので、そういった生産部門のニーズに対応しています。新機種開発がスタートすると、図面の作成時には商品開発部からの加工についての問い合わせや相談に対応、部品図が完成したときには、その図面を見てどんな工程と方法で削ればよいかを考え、治具や工具を選定。最終的にNCプログラムを作成し、生産現場に供給しています。

会社のいいところ

職場のメンバーは仕事になると集中し黙々と仕事をしていますが、休み時間や仕事終了後は和気あいあいでやかましいくらい。きちんとオン・オフの切り替えができる人たちばかりです。また、決められたことを決められたやり方でやるのではなく、自分で考え、思った通りに仕事ができますし、早く帰る日と遅くまで仕事をする日が調節できるなど自分のペースでできるのがいいですね。

私の課題

組織内のポジションもすでに中堅になりました。ですから、さらにスキルアップして、後輩の指導・教育にも力を入れていかなければなりません。また、人によってプログラミングのやり方がさまざまであるため、その統一のためプログラミングのルール化を図っていきたいですね。

OFFの過ごし方

スポーツ観戦、特に格闘技が好きですね。会社の柔道部にも所属していますが、子供が生まれてからはずっと子ども中心の生活になっていますので、今は休部状態。また飲みに行くのが好きで、独身の頃はよく同じ職場の仲間と飲みに行ったものです。今やまっすぐに家へ帰るいいパパをやっています(笑)。

前の先輩へ 人材トップへ 次の先輩へ

※各社員の紹介内容はインタビュー当時のものです。