人材 Staff Interview

日本に留学した目的、それは卓越な技術者になること

日本留学のきっかけ

子どもの頃から将来は技術者として活躍したいという夢を持っていました。日本は世界でも有数の技術大国です。そんな日本の大学で先進の技術を学び、卒業後は日本の企業に就職したかったのです。大学では機械構造や力学等の基礎を学びました。機械工学の知識もそうですが、なんといっても日本語が身についたことは大きかったですね

入社動機

大学の教授にも薦められましたし、日本の工作機械メーカーが集う展示会を見学してオークマのすごさを知りました。オークマは歴史のある非常に高い技術力を持つ企業です。中国にも積極的に進出するなど世界をビジネスフィールドとして活躍するグローバル企業であり、就職活動の時に調べてみると採用は「国籍は問わない」ということでしたので、迷わず応募しました。自社で機械技術は勿論、基幹技術となる主要な電気・情報技術を開発する「こだわり」にも共感し、尊敬の念を持って入社しました。

現在の仕事内容

現在は新入社員研修生として、製造現場で組立を学んでいます。研修後、設計に配属された場合、必ず役に立つといわれるので今の研修をしっかりと受けていきたいと思います。研修ではとても丁寧に教えていただけるのでわかりやすくありがたいです。

将来やりたいこと・夢

日本語と中国語が話せる特技を活かし、オークマのエンジニアとして、中国のお客様に当社製品の良さを伝えていきたいと思います。そしてオークマの中国進出の更なる展開のために全面的に協力したい気持ちでいます。ですから、これからは専門用語を覚え、図面を読み取れる能力を備え、さらには機械の設計に精通するためにもっと勉強をしたいですね。

OFFの過ごし方

休みの日は同期の人と食事や飲みに行っています。私は焼肉が大好きなのでよく食べに行きます。同期同士とても仲が良く、みんな親切にしてくれてありがたいですね。現在、寮生活をしていますが、とても快適。たまに中華料理をみんなにつくってあげています。

前の先輩へ 人材トップへ 次の先輩へ

※各社員の紹介内容はインタビュー当時のものです。